スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

データ復旧業者を選ぶときは

他社で診断を実施してもらったが復旧できなかったため、弊社に改めて復旧をご依頼頂くケースがございますが、他社不可能案件の中に、作業中の不手際によって壊されてしまったドライブが見つかることがしばしばあります。


恐らく、充分なノウハウを持たず行き当たりばったりの復旧措置を試みたか、誤った措置を実施したかの何れかが考えられます。


また、非常に残念なことに、明らかに故意に破損させられているドライブをお預かりするケースもございます。


具体的には、プラッターにたくさんの指紋が付着しているものや、自然なヘッドクラッシュではありえないほどの深いスクラッチ痕が生じているもの、また、ハードディスクが取り違えられているものや、プラッターがすり替わっているものなどです。


インターネットのホームページを見る限りでは、どのデータ復元会社も充分な実績を持ち、高度な技術力を有していて、セキュリティも万全に見えますが、残念ながら悪質な企業や、充分な技術力を持たない企業も存在しているようです。


データ復旧サービスはまだまだ認知度が低く、信頼できるブランドも確立されていないサービスと言えます。


インターネット(ホームページ等)の情報だけを頼りに業者をお選びいただくことはお勧めできません。


データ復旧業者をお選び頂くときには、慎重にご検討いただくことをお勧めいたします。

at 01:15, データ復旧サービスPCDATA119, データ復旧

comments(0), trackbacks(0), - -

HITACHI(日立)ハードディスクのデータ復旧について

HITACHI(日立)のDESKSTARシリーズで、ガラスプラッターの採用されているモデルでは、プラッターの磁性層が剥離し、HDD筐体内に剥離した粉塵が飛散してしまう障害が発生することがあります。

症状が進行してしまった場合には、ハードディスクは完全に認識されなくなりますが、その過程において大量の不良セクターが発生するなどの兆候が現れます。


その他の定型的な障害症状としては、サージ電流に起因するPCB(基盤)の不良です。

粗悪なパワーサプライユニットにHDDを接続してしまった場合、スピンドルモータコントローラチップのチップブローまたはその結線が焼ききれる現象が生じる場合があります。


PCBの不良が発生した場合、PCBを交換することで復旧を試みる手法がインターネットなどで紹介されていますが、安易にPCBの交換を行うべきではありません。


互換しないPCBを障害ドライブに組み付けた場合、ハードディスクは互換しないPCBをロックした状態となり、あらゆるPCBを受け付けない状態となってしまいます。

ハードディスクの物理障害からのデータ復旧の多くは、一時的にハードディスクを修理することによってデータを読み出します。

互換しないPCBを誤った手順で交換してしまった場合は、データ復旧業者でもデータ復旧は不可能となってしまいます。


HITACHI(日立)のハードディスクに限らず、最新のドライブの多くは、PCBのROMに記録されたAdaptives(適合値)と呼ばれるユニークなパラメーターをHDAと一致させる必要があります。

Adaptives(適合値)が一致しないPCBを安易に交換した場合、データ復旧の可能性を失わせる事となり、大変危険です。


HITACHI(日立)の2.5inchハードディスクの代表的な故障症状として、ヘッドがプラッターに吸着するスティクションと言う障害があります。

スティクションは、停電や不正終了など正しいプロセスを踏まずにシステムを終了させた際、スライダーが退避エリアへスムーズに移動することができず、プラッターのデータが記録されているエリアに吸着してしまう障害です。

この場合はHDDがスピンできない症状となります。


このような場合、ディスクに通電をして無理にスピンさせようとすると、回転トルクによって、スライダーが捻じ曲げられ、プラッター表面に甚大な損傷を生じさせる危険性があります。

at 22:47, データ復旧サービスPCDATA119, データ復旧

comments(0), trackbacks(0), - -

TOSHIBA(東芝)ハードディスクのデータ復旧について

TOSHIBA(東芝)製ハードディスクに生じやすい問題は、2.5inchハードディスクのGAS/GAXシリーズにおける流体軸受けの潤滑材に起因する障害です。


上記の障害の代表的な故障症状としては、


   ・BIOSで全く認識されない
   ・ハードディスクがスピンアップしようとするが、正常にスピンできない
   ・擦るような異音、ブザーのような音を発する


等です。スピンドルモーター障害は、数あるハードディスク故障症状の中でも作業難易度の高い障害といえますが、データ復旧サービスPCDATA119なら、データを救出できる可能性があります。


また、ハードディスクがカチカチ、カシャカシャと異音を生じさせ、システムから認識できない故障も比較的発生しやすい障害です。
 
ハードディスクは、ディスクをスピンアップさせたあとに、シリンダーゼロを探し、その後プラッターのサービスエリアの情報を取得しようとしますが、そのプロセスで失敗し、シーク作業を繰り返すため、異音が発生します。


このような場合はクリーンルームやクリーンブースなどでハードディスクを分解しなければデータを復旧することはできません。


TOSHIBA(東芝)製ハードディスクの代表的な故障症状として、ヘッドがプラッターに吸着するスティクションと言う障害があります。スティクションは、停電や不正終了など正しいプロセスを踏まずにシステムを終了させた際、スライダーが退避エリアへスムーズに移動することができず、プラッターのデータが記録されているエリアに吸着してしまう障害です。

この場合はHDDがスピンできない症状となります。


このような場合、ディスクに通電をして無理にスピンさせようとすると、回転トルクによって、スライダーが捻じ曲げられ、プラッター表面に甚大な損傷を生じさせる危険性があります。

at 00:31, データ復旧サービスPCDATA119, データ復旧

comments(0), trackbacks(0), - -

Fujitsu(富士通)ハードディスクのデータ復旧について

Fujitsu(富士通)社製のハードディスクで最も有名な障害はMPGシリーズの障害です。


これらのハードディスクについて、数ヶ月〜1年程度は正常に動作しますが、その後、ハードディスクから異音が発生するなどして、ほぼ確実に全てのハードディスクが故障します。


障害の原因はPCB(基盤)に搭載されたCIRRUS LOGIC製のLSIです。このLSIの封止材として赤リン(難燃剤)が使用されていたため、高温環境下において、LSI内部でリンが溶け出し、LSIをショートさせてしまっていました。


その後Fujitsu(富士通)は3.5inchIDEハードディスクの製造を中止してしまいますが、ノートブック用ハードディスクや、SCSIハードディスクにおいては非常に安全性の高いメカ機構とファームウェアを実装した理想的なハードディスクを製造しています。


Fujitsu(富士通)製ハードディスク固有の障害ではありませんが、ヘッドがプラッターに吸着するスティクションと言う障害が発生する場合があります。

これらの障害については、クリーンルームやクリーンブースなどでハードディスクを分解する必要があります。


また、プラッター磁性層の劣化によって、ヘッドが磁性層を適正に磁化することができない場合があります。


この場合、不良セクターが検知されます。不良セクターが発生した場合、起動が遅くなったり、フリーズしたり、しばしば異音が発生するなどという症状が発症します。


プラッターの表面の劣化、傷、磁性体剥離に起因して不良セクターが発生した場合、飛散した磁性体がヘッドに付着したり、サーボを取得できないためヘッドが暴走したり、表面の凹凸によってヘッドが跳ね上げられたりすることによって、ヘッドがプラッターに接触し、不良セクターを増加させてしまう傾向があります。

また、このような状況で継続してハードディスクを使用していた場合、ヘッドクラッシュに至る場合もあります。


このような場合、むやみに通電することは避け、データ復旧業者にデータ復旧を依頼することをお勧めします。


データ復旧サービスPCDATA119ならどのような障害からも、安全かつ確実にデータを復旧することができます。

at 00:24, データ復旧サービスPCDATA119, データ復旧

comments(0), trackbacks(0), - -

MAXTOR(マクスター)ハードディスクのデータ復旧について

MAXTOR(マクスター)社製ハードディスクの代表的な障害症状は、ファームウェア(Firmware)の不具合です。


ハードディスクのファームウェアは、PCB(ハードディスクの基盤)だけではなく、その主要な部分をプラッター上のサービスエリアに記録しています。

ただし、サービスエリアは、マイナスシリンダーやネガティブシリンダーと呼ばれるプラッター内径の、ユーザーが通常アクセスできない領域に記録されているため、専用のツールを用いなければ修理することができません。


また、過度の発熱に起因するオフトラックおよび不良セクターの大量発生によって、サービスエリアが損傷を受け、BIOSで誤認識されたり、完全に認識されなくなる障害も、代表的なMAXTOR社製ハードディスクの代表的な故障症状です。


MAXTOR(マクスター)社製ハードディスクの一部のモデルは、ベアリング障害が発生しやすい傾向にあります。

ベアリングに障害が発生した場合は、スピンドルモーターの回転が妨げられ、場合によってHDDより電子音が生じる場合もあります。

このようなケースにおいては、クリーンルーム/クリーンブースなどのクリーンな空間で、ハードディスクを分解しなければ、データを救出することはできません。


PCBに取り付けられている、スピンドルモーターのコントローラーチップのチップブローもMAXTOR社製ハードディスクの代表的な故障症状です。

チップブローが生じた場合は、PCBの何れかのチップに焼け焦げたような跡が生じるため、外観から簡単に故障を認識できます。

また、この場合、HDDはスピンアップ不可能となります。


データ復旧サービスPCDATA119なら、上記のような障害はもちろん、ヘッドクラッシュ、不良セクターなどのあらゆる障害を解決し、ハードディスクからデータを復元することができます。

at 23:50, データ復旧サービスPCDATA119, データ復旧

comments(0), trackbacks(0), - -

Samsung(サムソン)ハードディスクのデータ復旧について

Samsung(サムソン)のSpinPointシリーズの代表的な故障症状はPCB(基盤)のチップブローです。


このシリーズは、過度の発熱や、サージ電流に弱い構造を持っているため、粗悪なパワーサプライに接続した場合、スピンドルドライバーチップがブローする場合があります。
 
この場合、ハードディスクはスピンしない状態となり、システムに接続しても一切応答しない状態となります。


このようなPCBの故障が発生した場合、PCBを交換すればハードディスクが動作すると誤解されがちですが、安易にハードディスクのPCBを交換することはお勧めできません。

最新のハードディスクの多くは、PCBとハードディスクアセンブリのそれぞれのパラメーターが適合しなければ、正常に動作することができません。

データ復旧サービスPCDATA119ではそれらのパラメーターを修正したり、書き換えたりすることによって、ハードディスクを動作させ、データを復旧することができます。


Samsung(サムソン)社製ハードディスクには特徴的なファームウェア障害が発生する場合があります。ファームウェアの一部が損傷を受けた場合、ハードディスクはイニシャライズに失敗し、動作することができなくなります。

ハードディスクから異音が生じるような事はありませんが、BIOSでドライブ容量がゼロと認識されてしまいます。


このような障害が生じた場合にシステムをブートさせようとすると以下のようなエラーが表示されます。


   ・Primary Master Hard Disk Fail
   ・No operating system found
   ・Disk boot failure
   ・SMART error


また、ハードディスクがカチカチ、カシャカシャと異音を生じさせ、システムから認識できない故障も比較的発生しやすい障害です。
 
ハードディスクは、ディスクをスピンアップさせたあとに、シリンダーゼロを探し、その後プラッターのサービスエリアの情報を取得しようとしますが、そのプロセスで失敗し、シーク作業を繰り返すため、異音が発生します。


このような場合はクリーンルームやクリーンブースなどでハードディスクを分解しなければデータを復旧することはできません。


データ復旧サービスPCDATA119ならハードディスクのあらゆる障害を解決し、データを復旧することができます。

at 22:16, データ復旧サービスPCDATA119, データ復旧

comments(0), trackbacks(0), - -

Seagate(シーゲイト)ハードディスクのデータ復旧について

Seagate(シーゲイト)ハードディスクの一部のモデルは、プラッターのコーティングがスライダーに付着する問題により、リード/ライトエラーを生じさせる傾向があります。

症状が進行した場合は、トラックおよびセクターを追従できなくなり、アクセス中に異音が生じるようになります。そして最終的にはBIOSから認識されない症状に発展します。


その他の定型的な障害症状としては、過度の発熱やサージ電流に起因するPCBの不良です。

粗悪なパワーサプライユニットにHDDを接続してしまった場合、スピンドルモータコントローラチップのチップブローまたはその結線が焼ききれる現象が生じる場合があります。


また、Seagate(シーゲイトの)Barracuda(バラクーダ)のマルチプラッターのモデルにおいては、スピンドルモータの焼きつきによってディスクがスピンしない障害が代表的で

この場合、HDDをスピンアップさせようとすると、異常音を発生させることがあります。


ヘッドがプラッターに吸着するスティクションと言う障害がSeagate(シーゲイト)製の2.5inchHDDには多く見受けられます。

スティクションは、停電や不正終了など正しいプロセスを踏まずにシステムを終了させた際、スライダーが退避エリアへスムーズに移動することができず、プラッターのデータが記録されているエリアに吸着してしまう障害です。

この場合はHDDがスピンできない症状となります。


このような場合、ディスクに通電をして無理にスピンさせようとすると、回転トルクによって、スライダーが捻じ曲げられ、プラッター表面に甚大な損傷を生じさせる危険性があります。


Seagate(シーゲイト)社製ハードディスクはその他のHDDと異なる特殊なファームウェアマイクロコードによって動作するモデルが存在しており、そのファームウェアに破損が生じた場合、BIOSにセットされるべきHDD固有の情報の一部が欠落したり、誤った情報で認識される障害や、通常通りスピンし、クリック音もなく、正常にレディしているような挙動を示しているにも関わらず、HDDが認識しない障害などが発生します。


データ復旧サービスPCDATA119なら、上記のような障害はもちろん、ヘッドクラッシュ、不良セクターなどのあらゆる障害を解決し、ハードディスクからデータを復旧することができます。

at 23:42, データ復旧サービスPCDATA119, データ復旧

comments(0), trackbacks(0), - -

WesternDigital(ウエスタンデジタル)社製ハードディスクのデータ復旧

WesternDigital(ウエスタンデジタル)社製ハードディスクの代表的な故障症状は、過度の発熱やサージ電流に起因するPCB(基盤)の不良です。

粗悪なパワーサプライユニットにHDDを接続してしまった場合、スピンドルモータコントローラチップのチップブローまたはその結線が焼ききれる現象が生じる場合があります。

この障害が発生した場合、システムはリブート後、完全に起動することができなくなります。HDDの基盤のチップの何れかに焼け焦げたような跡が確認できるため、障害の識別は容易です。

このようなPCBの故障が発生した場合、PCBを交換すればハードディスクが動作すると誤解されがちですが、安易にハードディスクのPCBを交換することはお勧めできません。

最新のハードディスクの多くは、PCBとハードディスクアセンブリのそれぞれのパラメーターが適合しなければ、正常に動作することができません。

それらのパラメーターを修正したり、書き換えたりすることによって、ハードディスクを動作させ、データを復旧することができるようになるわけです。

WesternDigital(ウエスタンデジタル)社製のハードディスクのその他の代表的な故障症状は、ファームウェアの不具合です。

HDDのファームウェアはPCBに記録されている場合がありますが、WesternDigital(ウエスタンデジタル)社製ハードディスクの場合は、ファームウェアの主要な部分はプラッターのサービスエリアに記録されます。

サービスエリアは、通常ユーザーがアクセスすることのできないエリア(ネガティブシリンダー、マイナスシリンダーと呼ばれます)の領域に確保されています。

サービスエリアのファームウェアモジュールに不具合が発生した場合にも、HDDは正常にスピンアップし、特に異音が発生することもありませんが、以下のような症状が現れる傾向にあります。


    BIOSで全く認識されない
    誤ったモデル名/シリアルナンバーがセットされる
    正常に認識されるが一切のデータを読み込めない
    LBAセクターを読み込もうとするときにI/Oエラーが表示される


ハードディスクがカチカチ、カシャカシャと異音を生じさせ、システムから認識できない故障も比較的発生しやすい障害です。

ハードディスクは、ディスクをスピンアップさせたあとに、シリンダーゼロを探し、その後プラッターのサービスエリアの情報を取得しようとしますが、そのプロセスで失敗し、シーク作業を繰り返すため、異音が発生します。

ハードディスクに強い障害を与えるなどして、スピンドルモーター又はベアリングに障害が発生した場合、WesternDigital社製のハードディスクは、電子音を発したり回転ノイズを発します。

マルチプラッターモデルにおけるスピンドルモーター/ベアリング障害は、数あるハードディスク故障症状の中でも作業難易度の高い障害といえます。

このような障害が発生した場合、一般に市販されているデータ復旧ソフトなどではハードディスクを修理し、データを復元することは不可能ですが、当社なら、データを救出できる可能性があります。

at 03:57, データ復旧サービスPCDATA119, データ復旧

comments(0), trackbacks(0), - -