スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

チェックディスクやデフラグは控える

不良セクタを修復するチェックディスクやファイルのセクタ上の並びを整理するデフラグは万能ではありません。


特にチェックディスクは、正常なデータを別のデータに書き換えるなど、ファイル情報を上書きしてしまうことがあり、上書きが発生したデータは復旧が不可能になる可能性が大きくなります。


デフラグをしたためにデータが読めなくなってしまい、データ復旧依頼されるケースもあります。


チェックディスクやデフラグを実施する場合も、バックアップを行った上で実施することをおすすめします。 



データ復旧サービス「PCDATA119」
http://www.pcdata119.com/

at 22:18, データ復旧サービスPCDATA119, トラブル対策

comments(0), trackbacks(0), - -

熱・湿度に注意

パソコンやHDDは非常に熱を発生しやすい仕組みになっています。


現在は、排熱・換気を十二分に想定した設計になっていますが、排気口を塞いだり、外付けHDDを並べておいたりすると、熱がこもりやすくなり故障率が上がる原因となります。


また何年も使い続けていると、内部やファン周りに埃がたまりますので適度に掃除することも重要です。


長年たまったほこりが原因で、熱暴走したり、電源が突然落ちたりしたことが原因で、データが見えなくなるケースも多く見られます。


温度や湿度が極端に高い場所や、低い場所での利用は極力避けましょう。



余談ですが、弊社のパソコンはすべて水冷式を使用しております(^o^)



データ復旧サービス「PCDATA119」
http://www.pcdata119.com/

at 21:26, データ復旧サービスPCDATA119, トラブル対策

comments(0), trackbacks(0), - -

パーティション変更やアプリケーションインストール前にはバックアップ

ハードディスク(HDD)の大容量化に伴い、不良セクタが含まれるリスクも増えてきています。

特に問題になるのは、データが実際に書き込まれることがなく未使用状態のままで、エラーが潜在化している場合です。

パーティションサイズを変更した場合や、大きなサイズのアプリケーションをインストールした際に始めて顕在化し、それに伴い他のデータも読み出せなくなることがあります。


パーティション変更後にデータが消失したケースで、弊社にデータ復旧のご依頼が来ることも少なくありません。


そのための対策として、パーティション変更やアプリケーションインストールは、重要データのバックアップを取ってから行うことをおすすめします。 
 

データ復旧サービス「PCDATA119」
http://www.pcdata119.com/



at 21:32, データ復旧サービスPCDATA119, トラブル対策

comments(0), trackbacks(0), - -

データコピー時は負荷をかけないように・・・

データの移動やコピーは、パソコンに負荷のかかる作業です。

その途中でエラーが発生してデータが消失してしまうことがあります。


特に、データ移動は元のデータを消して他の場所に新しくデータを作成するため、移動に失敗した場合にデータが消失する危険性が高くなります。

そういったことからも、データ移動は極力行わず、データコピーを行うことをおすすめします。


また、大量のデータの転送時には、他の処理を行わないようにするなど、パソコンに負荷をかけないように注意が必要です。


データ転送時にフリーズしてしまい、その後データが見えなくなったケースも少なくありません。


データ転送時は、ゆっくりお茶でも飲んでリフレッシュタイムにしましょう!



データ復旧サービス「PCDATA119」
http://www.pcdata119.com/

at 21:27, データ復旧サービスPCDATA119, トラブル対策

comments(0), trackbacks(0), - -

パソコンは、OSとデータ領域を分ける。

パソコンが起動不能になった場合でも、OSとデータ領域を分けておけば、システムクラッシュ時に大事なデータが消失する可能性が低くなります。

また、OSとデータ領域を分けることで、ユーザーデータの場所が明確になり、バックアップも行いやすくなります。
 

過去にもデータ復旧依頼をいただいたお客様の中にも、OSとデータが混在している方が数多くいらっしゃいました。


やはりOSとデータはパーティションを分けるか、別々のハードディスクに収めるのが、いざというときに役立つのではないでしょうか。



データ復旧サービス「PCDATA119」
http://www.pcdata119.com/

at 22:15, データ復旧サービスPCDATA119, トラブル対策

comments(0), trackbacks(0), - -

パソコンは、OSとデータ領域を分ける。

パソコンが起動不能になった場合でも、OSとデータ領域を分けておけば、システムクラッシュ時に大事なデータが消失する可能性が低くなります。

また、OSとデータ領域を分けることで、ユーザーデータの場所が明確になり、バックアップも行いやすくなります。
 

過去にもデータ復旧依頼をいただいたお客様の中にも、OSとデータが混在している方が数多くいらっしゃいました。


やはりOSとデータはパーティションを分けるか、別々のハードディスクに収めるのが、いざというときに役立つのではないでしょうか。



データ復旧サービス「PCDATA119」
http://www.pcdata119.com/

at 22:15, データ復旧サービスPCDATA119, トラブル対策

comments(0), trackbacks(0), - -

パソコン、ハードディスクのトラブル対策

PCDATA119では、これまで全国のお客様からデータ復旧のご依頼を頂き、パソコン、ハードディスク、USBメモリや各種メモリカード等、障害の発生した様々な媒体から、データ復旧を行ってきました。

しかし、大変残念ながら、破損がひどく、弊社の技術不足もあって、データ復旧が不可能だったケースもないわけではありません。


パソコンやメディアが正常に利用できている時には意識しませんが、大切なデータが失われてしまう危険性はパソコンユーザーの誰にでも常に存在しているのです。


今回、弊社の経験をいかした対策例をご紹介させていただく事で、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。


パソコン(OS)のトラブル対策

誤削除やフォーマット等の操作ミスによるデータの消失以上にデータ復旧の依頼が多いのが、フォルダ構造や領域情報の破損による障害です。

データの管理は、ブートやパーティション情報をつかさどるMBRと呼ばれる管理部分と各パーティション単位のファイルシステムの制御部分で行われています。

しかしOSやプログラムのクラッシュなどにより、作業中のファイルだけでなくMBRやパーティションを巻き込んで破損する場合があります。

パーティションやフォルダが破損すると、その配下全体のデータの正常な読み出しができなくなり、データ復旧の作業が必要になるわけです。


次回からは、いざ障害がおこったときに被害を少しでも軽くする対処法をご紹介します。



データ復旧サービス「PCDATA119」
http://www.pcdata119.com/



at 22:13, データ復旧サービスPCDATA119, トラブル対策

comments(0), trackbacks(0), - -