<< HITACHI(日立)ハードディスクのデータ復旧について | main | ビデオカメラデータ復旧 SONY ハンディカム HDR-XR350V >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

データ復旧業者を選ぶときは

他社で診断を実施してもらったが復旧できなかったため、弊社に改めて復旧をご依頼頂くケースがございますが、他社不可能案件の中に、作業中の不手際によって壊されてしまったドライブが見つかることがしばしばあります。


恐らく、充分なノウハウを持たず行き当たりばったりの復旧措置を試みたか、誤った措置を実施したかの何れかが考えられます。


また、非常に残念なことに、明らかに故意に破損させられているドライブをお預かりするケースもございます。


具体的には、プラッターにたくさんの指紋が付着しているものや、自然なヘッドクラッシュではありえないほどの深いスクラッチ痕が生じているもの、また、ハードディスクが取り違えられているものや、プラッターがすり替わっているものなどです。


インターネットのホームページを見る限りでは、どのデータ復元会社も充分な実績を持ち、高度な技術力を有していて、セキュリティも万全に見えますが、残念ながら悪質な企業や、充分な技術力を持たない企業も存在しているようです。


データ復旧サービスはまだまだ認知度が低く、信頼できるブランドも確立されていないサービスと言えます。


インターネット(ホームページ等)の情報だけを頼りに業者をお選びいただくことはお勧めできません。


データ復旧業者をお選び頂くときには、慎重にご検討いただくことをお勧めいたします。

at 01:15, データ復旧サービスPCDATA119, データ復旧

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 01:15, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://pcdata119.jugem.jp/trackback/41