スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

Fujitsu(富士通)ハードディスクのデータ復旧について

Fujitsu(富士通)社製のハードディスクで最も有名な障害はMPGシリーズの障害です。


これらのハードディスクについて、数ヶ月〜1年程度は正常に動作しますが、その後、ハードディスクから異音が発生するなどして、ほぼ確実に全てのハードディスクが故障します。


障害の原因はPCB(基盤)に搭載されたCIRRUS LOGIC製のLSIです。このLSIの封止材として赤リン(難燃剤)が使用されていたため、高温環境下において、LSI内部でリンが溶け出し、LSIをショートさせてしまっていました。


その後Fujitsu(富士通)は3.5inchIDEハードディスクの製造を中止してしまいますが、ノートブック用ハードディスクや、SCSIハードディスクにおいては非常に安全性の高いメカ機構とファームウェアを実装した理想的なハードディスクを製造しています。


Fujitsu(富士通)製ハードディスク固有の障害ではありませんが、ヘッドがプラッターに吸着するスティクションと言う障害が発生する場合があります。

これらの障害については、クリーンルームやクリーンブースなどでハードディスクを分解する必要があります。


また、プラッター磁性層の劣化によって、ヘッドが磁性層を適正に磁化することができない場合があります。


この場合、不良セクターが検知されます。不良セクターが発生した場合、起動が遅くなったり、フリーズしたり、しばしば異音が発生するなどという症状が発症します。


プラッターの表面の劣化、傷、磁性体剥離に起因して不良セクターが発生した場合、飛散した磁性体がヘッドに付着したり、サーボを取得できないためヘッドが暴走したり、表面の凹凸によってヘッドが跳ね上げられたりすることによって、ヘッドがプラッターに接触し、不良セクターを増加させてしまう傾向があります。

また、このような状況で継続してハードディスクを使用していた場合、ヘッドクラッシュに至る場合もあります。


このような場合、むやみに通電することは避け、データ復旧業者にデータ復旧を依頼することをお勧めします。


データ復旧サービスPCDATA119ならどのような障害からも、安全かつ確実にデータを復旧することができます。

at 00:24, データ復旧サービスPCDATA119, データ復旧

comments(0), trackbacks(0), - -

MAXTOR(マクスター)ハードディスクのデータ復旧について

MAXTOR(マクスター)社製ハードディスクの代表的な障害症状は、ファームウェア(Firmware)の不具合です。


ハードディスクのファームウェアは、PCB(ハードディスクの基盤)だけではなく、その主要な部分をプラッター上のサービスエリアに記録しています。

ただし、サービスエリアは、マイナスシリンダーやネガティブシリンダーと呼ばれるプラッター内径の、ユーザーが通常アクセスできない領域に記録されているため、専用のツールを用いなければ修理することができません。


また、過度の発熱に起因するオフトラックおよび不良セクターの大量発生によって、サービスエリアが損傷を受け、BIOSで誤認識されたり、完全に認識されなくなる障害も、代表的なMAXTOR社製ハードディスクの代表的な故障症状です。


MAXTOR(マクスター)社製ハードディスクの一部のモデルは、ベアリング障害が発生しやすい傾向にあります。

ベアリングに障害が発生した場合は、スピンドルモーターの回転が妨げられ、場合によってHDDより電子音が生じる場合もあります。

このようなケースにおいては、クリーンルーム/クリーンブースなどのクリーンな空間で、ハードディスクを分解しなければ、データを救出することはできません。


PCBに取り付けられている、スピンドルモーターのコントローラーチップのチップブローもMAXTOR社製ハードディスクの代表的な故障症状です。

チップブローが生じた場合は、PCBの何れかのチップに焼け焦げたような跡が生じるため、外観から簡単に故障を認識できます。

また、この場合、HDDはスピンアップ不可能となります。


データ復旧サービスPCDATA119なら、上記のような障害はもちろん、ヘッドクラッシュ、不良セクターなどのあらゆる障害を解決し、ハードディスクからデータを復元することができます。

at 23:50, データ復旧サービスPCDATA119, データ復旧

comments(0), trackbacks(0), - -

Samsung(サムソン)ハードディスクのデータ復旧について

Samsung(サムソン)のSpinPointシリーズの代表的な故障症状はPCB(基盤)のチップブローです。


このシリーズは、過度の発熱や、サージ電流に弱い構造を持っているため、粗悪なパワーサプライに接続した場合、スピンドルドライバーチップがブローする場合があります。
 
この場合、ハードディスクはスピンしない状態となり、システムに接続しても一切応答しない状態となります。


このようなPCBの故障が発生した場合、PCBを交換すればハードディスクが動作すると誤解されがちですが、安易にハードディスクのPCBを交換することはお勧めできません。

最新のハードディスクの多くは、PCBとハードディスクアセンブリのそれぞれのパラメーターが適合しなければ、正常に動作することができません。

データ復旧サービスPCDATA119ではそれらのパラメーターを修正したり、書き換えたりすることによって、ハードディスクを動作させ、データを復旧することができます。


Samsung(サムソン)社製ハードディスクには特徴的なファームウェア障害が発生する場合があります。ファームウェアの一部が損傷を受けた場合、ハードディスクはイニシャライズに失敗し、動作することができなくなります。

ハードディスクから異音が生じるような事はありませんが、BIOSでドライブ容量がゼロと認識されてしまいます。


このような障害が生じた場合にシステムをブートさせようとすると以下のようなエラーが表示されます。


   ・Primary Master Hard Disk Fail
   ・No operating system found
   ・Disk boot failure
   ・SMART error


また、ハードディスクがカチカチ、カシャカシャと異音を生じさせ、システムから認識できない故障も比較的発生しやすい障害です。
 
ハードディスクは、ディスクをスピンアップさせたあとに、シリンダーゼロを探し、その後プラッターのサービスエリアの情報を取得しようとしますが、そのプロセスで失敗し、シーク作業を繰り返すため、異音が発生します。


このような場合はクリーンルームやクリーンブースなどでハードディスクを分解しなければデータを復旧することはできません。


データ復旧サービスPCDATA119ならハードディスクのあらゆる障害を解決し、データを復旧することができます。

at 22:16, データ復旧サービスPCDATA119, データ復旧

comments(0), trackbacks(0), - -

Seagate(シーゲイト)ハードディスクのデータ復旧について

Seagate(シーゲイト)ハードディスクの一部のモデルは、プラッターのコーティングがスライダーに付着する問題により、リード/ライトエラーを生じさせる傾向があります。

症状が進行した場合は、トラックおよびセクターを追従できなくなり、アクセス中に異音が生じるようになります。そして最終的にはBIOSから認識されない症状に発展します。


その他の定型的な障害症状としては、過度の発熱やサージ電流に起因するPCBの不良です。

粗悪なパワーサプライユニットにHDDを接続してしまった場合、スピンドルモータコントローラチップのチップブローまたはその結線が焼ききれる現象が生じる場合があります。


また、Seagate(シーゲイトの)Barracuda(バラクーダ)のマルチプラッターのモデルにおいては、スピンドルモータの焼きつきによってディスクがスピンしない障害が代表的で

この場合、HDDをスピンアップさせようとすると、異常音を発生させることがあります。


ヘッドがプラッターに吸着するスティクションと言う障害がSeagate(シーゲイト)製の2.5inchHDDには多く見受けられます。

スティクションは、停電や不正終了など正しいプロセスを踏まずにシステムを終了させた際、スライダーが退避エリアへスムーズに移動することができず、プラッターのデータが記録されているエリアに吸着してしまう障害です。

この場合はHDDがスピンできない症状となります。


このような場合、ディスクに通電をして無理にスピンさせようとすると、回転トルクによって、スライダーが捻じ曲げられ、プラッター表面に甚大な損傷を生じさせる危険性があります。


Seagate(シーゲイト)社製ハードディスクはその他のHDDと異なる特殊なファームウェアマイクロコードによって動作するモデルが存在しており、そのファームウェアに破損が生じた場合、BIOSにセットされるべきHDD固有の情報の一部が欠落したり、誤った情報で認識される障害や、通常通りスピンし、クリック音もなく、正常にレディしているような挙動を示しているにも関わらず、HDDが認識しない障害などが発生します。


データ復旧サービスPCDATA119なら、上記のような障害はもちろん、ヘッドクラッシュ、不良セクターなどのあらゆる障害を解決し、ハードディスクからデータを復旧することができます。

at 23:42, データ復旧サービスPCDATA119, データ復旧

comments(0), trackbacks(0), - -

WesternDigital(ウエスタンデジタル)社製ハードディスクのデータ復旧

WesternDigital(ウエスタンデジタル)社製ハードディスクの代表的な故障症状は、過度の発熱やサージ電流に起因するPCB(基盤)の不良です。

粗悪なパワーサプライユニットにHDDを接続してしまった場合、スピンドルモータコントローラチップのチップブローまたはその結線が焼ききれる現象が生じる場合があります。

この障害が発生した場合、システムはリブート後、完全に起動することができなくなります。HDDの基盤のチップの何れかに焼け焦げたような跡が確認できるため、障害の識別は容易です。

このようなPCBの故障が発生した場合、PCBを交換すればハードディスクが動作すると誤解されがちですが、安易にハードディスクのPCBを交換することはお勧めできません。

最新のハードディスクの多くは、PCBとハードディスクアセンブリのそれぞれのパラメーターが適合しなければ、正常に動作することができません。

それらのパラメーターを修正したり、書き換えたりすることによって、ハードディスクを動作させ、データを復旧することができるようになるわけです。

WesternDigital(ウエスタンデジタル)社製のハードディスクのその他の代表的な故障症状は、ファームウェアの不具合です。

HDDのファームウェアはPCBに記録されている場合がありますが、WesternDigital(ウエスタンデジタル)社製ハードディスクの場合は、ファームウェアの主要な部分はプラッターのサービスエリアに記録されます。

サービスエリアは、通常ユーザーがアクセスすることのできないエリア(ネガティブシリンダー、マイナスシリンダーと呼ばれます)の領域に確保されています。

サービスエリアのファームウェアモジュールに不具合が発生した場合にも、HDDは正常にスピンアップし、特に異音が発生することもありませんが、以下のような症状が現れる傾向にあります。


    BIOSで全く認識されない
    誤ったモデル名/シリアルナンバーがセットされる
    正常に認識されるが一切のデータを読み込めない
    LBAセクターを読み込もうとするときにI/Oエラーが表示される


ハードディスクがカチカチ、カシャカシャと異音を生じさせ、システムから認識できない故障も比較的発生しやすい障害です。

ハードディスクは、ディスクをスピンアップさせたあとに、シリンダーゼロを探し、その後プラッターのサービスエリアの情報を取得しようとしますが、そのプロセスで失敗し、シーク作業を繰り返すため、異音が発生します。

ハードディスクに強い障害を与えるなどして、スピンドルモーター又はベアリングに障害が発生した場合、WesternDigital社製のハードディスクは、電子音を発したり回転ノイズを発します。

マルチプラッターモデルにおけるスピンドルモーター/ベアリング障害は、数あるハードディスク故障症状の中でも作業難易度の高い障害といえます。

このような障害が発生した場合、一般に市販されているデータ復旧ソフトなどではハードディスクを修理し、データを復元することは不可能ですが、当社なら、データを救出できる可能性があります。

at 03:57, データ復旧サービスPCDATA119, データ復旧

comments(0), trackbacks(0), - -

8月は・・・

久しぶりの更新です。



8月は突然の入院、怪我、体調を崩しての再入院とほとんど仕事ができない状態が続いてしまいました。




その間、復旧のご依頼をいただいていたお客様には、大変ご迷惑をおかけしてしまい、この場をお借りしてお詫び申し上げます。




また、お電話でお問い合わせいただいたお客様にも、十分な対応ができず、本当に申し訳ございませんでした。




9月は体調と相談しながらも、8月の分も頑張って行きたいと思います。




とはいっても、お客様からのお問い合わせや、復旧のご依頼がなければなんともなりません。




どうぞ、データ復旧サービス「PCDATA119」をよろしくお願いいたします。











at 11:23, データ復旧サービスPCDATA119, -

comments(0), trackbacks(0), - -

今月の総括

今月もデータ復旧サービス「PCDATA119」をご利用くださったお客様には、心よりお礼申し上げます。


今月はいつにもまして、某大手復旧会社の見積り後、当社に依頼されるお客様が目立ちました。



当社における障害レベル1〜2が、某大手復旧会社見積り金額20万〜



最近は若干安くなってきているとの話も聞きますが、相変わらずお高いですねぇ(^_^;)



当社に持ち込まれるものの中には、提示金額では割に合わないものもありますが、安いからということで依頼されるお客様の期待を裏切るわけにもいかず・・・(-_-;)



最近はネット上にもデータ復旧ノウハウなるものが氾濫しており、なまじパソコンに詳しい方はご自分で何とかしようとして失敗、その結果障害が拡大して持ち込まれるケースが多くなっています。



本来であれば、簡単に復旧できたものも障害レベルが上がってしまい、結果高いものになってしまっているように感じます。



論理障害の範囲で収まってくれればいいのですが、物理障害に至ってしまっては復旧できるはずのデータが復旧できない結果になってしまったケースも少なくありません。



データが見えなくなった、そんな時はプロにお任せいただくのがよろしいかと・・・



データ復旧サービス「PCDATA119」
http://www.pcdata119.com/






at 22:22, データ復旧サービスPCDATA119, -

comments(0), trackbacks(0), - -

電気復旧!

今日電気が復旧しました。


しばらくは、電気のない生活を覚悟していたので、思ったよりも早い復旧に感謝です。


うちは特に地震被害はなかったのですが、仕事場のパソコンが何台か被害を受けていたようです。


しばらくは、パソコンの復旧作業になりそうです。



それにしても、テレビの報道を見て言葉が出ないくらい驚きました。


こんなに被害が大きいとは・・・



親類・知人にも全く連絡がつかず・・・ 不安です。


みんな無事なことを祈ります。


at 22:02, データ復旧サービスPCDATA119, -

comments(0), trackbacks(0), - -

PCの利用中に電源を落とさない!

パソコンはもちろん、外付けハードディスクやUSBメモリーを利用中(データの読み書き中)に電源を落とす行為は、ファイルシステム情報の破損や、物理障害を引き起こす原因になります。


やむを得ない場合を除き、正しい手順で電源を落とすように心がけましょう。


しかし人的要因以外でも、突然の停電や落雷によって強制的な電源遮断が発生してしまい故障する可能性があります。


そういった不測の事態から、パソコンや外付けHDDを守る為に、UPS(無停電電源装置)を導入することをおすすめします。


UPSの給電時間は、数分から数十分と長くありませんが、短時間の停電対策としては十分な効果が得られます。


安いものではありませんが、突然の停電で物理障害にでもなって、高額な復旧費用を請求されることを考えれば、結果安いかも・・・



データ復旧サービス「PCDATA119」
http://www.pcdata119.com/

at 20:45, データ復旧サービスPCDATA119, -

comments(0), trackbacks(0), - -

もしも上書きやリカバリをしてしまった場合には・・・

リカバリ後の完全に上書きされてしまった部分からのデータ復旧は、残念ながら不可能です。


ただし、データの痕跡全てが上書きされているとは限りません。


例えばリカバリをしただけの場合なら、「リカバリによって作成されたデータ」は「リカバリの前に書かれていたデータ」よりも少ないのが通常です。


そのため上書きされていない部分からのデータ復旧は可能です。


少しでも復旧率を上げるためには、気付いた時点で使用を即中止してご相談ください。



データ復旧サービス「PCDATA119」
http://www.pcdata119.com/




at 22:17, データ復旧サービスPCDATA119, -

comments(0), trackbacks(0), - -